院長ブログ

2018年10月28日 日曜日

悪い姿勢シリーズ(5)【まとめ】

悪い姿勢シリーズの(5)ということで


今回は「まとめ」をさせて頂きたいと思います。


ここまで、猫背、反り腰、下半身の前傾、O脚(X脚)と


悪い姿勢について書いてきました。


いかがでしたでしょうか?


まだお読みいただいていない方は、ぜひお読みください。

悪い姿勢シリーズ(1)【肩こりが起こる姿勢】
悪い姿勢シリーズ(2)【腰痛が起こる姿勢】
悪い姿勢シリーズ(3)【脚がつってしまう姿勢】
悪い姿勢シリーズ(4)【膝が痛くなる姿勢】


実際には、細かく言うともっと他にもたくさんの歪みがあります。


例えば、偏平足、外反母趾、内反小趾などは有名です。





ここまでお読みいただいた方はお気づきかと思いますが



(1)~(4)で紹介した「悪い姿勢」は


どれも単体で起こることはまずありません。


猫背も、反り腰も、前傾姿勢も、O脚(X脚)も密接に関係しています。


これら四つは、大げさではなく


「必ず」「全て」起きます。


もちろん、それぞれの症状の度合いには差があって


自覚がないことは多くの場合でありますが


必ず起きています。



人間の身体は、一か所に問題が発生すると


必ず他の部位にひずみが生じます。


もし、あなたが猫背でお悩みであれば、


あなたの腰は反っていて


下半身は前傾していて


O脚、もしくはX脚のはずです。


どこかに一か所異常があれば、


自覚は無くても


全身が歪んでいるのです。


これは、つまり、身体のどこに痛みが出てもおかしくない状態です。


あなたが腰痛を解消しようをするなら、


腰だけを何とかしようとしても、それは不可能です。


腰だけを何とかしようとすると、他の場所にしわ寄せが行きます。




腰「痛」を治すのであれば、反り腰を治さなければいけません。


反り腰を治すには、全身の姿勢の歪みを治さなければいけません。


つまり、腰痛を治すには、全身の歪みを治さないといけないのです。


肩こりでも同じ。


膝の痛みでも同じです。




姿勢の歪みは、これまでに紹介したような


「痛み」だけでなく、自律神経にも悪影響を及ぼし、


様々な症状を引き起こします。


自律神経については、またの機会に書きたいと思います。



あなたがもし、なんらかの体の不調を感じているなら


歪みを治すと解消できるかもしれません。


気になる方は一度ご相談ください。





#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市

記事URL

2018年10月28日 日曜日

悪い姿勢シリーズ(4)【膝が痛くなる姿勢】

膝の痛みは、高齢者の女性に多く見られます。


ある程度進行してからでないと異常に気づきにくく、


たいていの場合は痛みやいわゆる「水が溜まる」ことで気づきます。


しかも、気づいた時には、関節そのものが変形してしまっていることがほとんどです。


お気づきの方も多いと思いますが、その原因となる姿勢とは、


「O脚(X脚)」


です。


O脚(X脚)は骨盤が前傾が原因で起こります。


骨盤が前傾すると、大腿部が内側に捻じれます。



この時


膝の関節がしっかり伸ばせる、もしくは反り気味の人はO脚


膝の関節がしっかり伸ばしきれない状態の人はX脚


になります。 


どちらにしても、膝の関節が捻じれることで


噛み合わせが悪くなり


軟骨部分への負担が大きくなり、摩耗していきます。


最終的には軟骨がすり減って骨がむき出しになり


骨同士がぶつかりあって、欠けてしまい痛みが発生します。


そして、痛みを我慢したり、湿布でごまかしたりしていると


どんどん骨は欠けていき


膝関節は変形してしまいます。


一度関節が変形してしまうと、元に戻すことはできません。


つまり、膝は「予防」が非常に大事な場所です。


O脚やX脚が気になっている方は、早めの対策をお勧めします。


対策といったも、どうやればいいのか分からない方は


ぜひ、当院にご相談ください。






#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市

記事URL

2018年10月23日 火曜日

悪い姿勢シリーズ(3)【脚がつってしまう姿勢】

脚が「つってしまう」というより


「つりやすい状態になってしまう」という表現の方が伝わりやすいかもしれませんね。


腰痛や肩こりほどではありませんが


スポーツ中や寝ていて明け方に「足がつる」という方がいらっしゃいます。


重心のバランスをとるために腰(骨盤)が前に出ることで


脚部が前傾して体全体が前のめりになってしまいます。


私は「下半身の前傾」と呼んでいますが


身体が倒れてしまわないように


脚の後面の筋肉が全身を支えるために


働いているからです。



本来やるべき仕事よりもはるかにたくさんの仕事をしていることになります。


疲れ果ててしまった筋肉が痙攣(けいれん)を起こした状態が


「足がつる」という状態です。


スポーツをやっている方の場合は


肉離れの原因にもなります。


ふくらはぎは体の中でも非常に重要な場所です。


血液の循環に大きな役割を果たしていて


第二の心臓とも呼ばれます。


ふくらはぎの状態次第で疲れの取れ方も大きく変わります。


基本的にはストレッチが有効とされ


当院でも、体質改善までの対処法として指導します。


しかし、そもそも「脚がつらない体になる」にはどうしたらいいのか?


方法についてはまたの機会にしますが


当院独自の半田式ハイブリッド姿勢矯正法であれば


どなたでも改善可能です。


気になる方は一度ご相談ください。




#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市








記事URL

2018年10月23日 火曜日

悪い姿勢シリーズ(2)【腰痛が起こる姿勢】

腰痛は多くの日本人を悩ませる疾病です。


腰痛を引き起こす姿勢は


「反り腰」


です。


猫背ほどなじみはないかもしれませんが、


腰痛を訴えて来院される方には例外なく見られます。


まず「反り腰とは?」ということですが、


どんな状態かというと


読んで字のごとく、「腰が反っている状態」です。


なぜ、腰が反るのかというと、


猫背で背中が丸くなることで


背骨のカーブが強くなり前後のバランスを取るために腰が前に出ます。


骨盤は前傾してしまい、反り腰が完成します。



反り腰は女性の場合、一見すると「セクシー」に見えなくもありませんが、


実は不調の素でしかありません。


腰が前に出て、骨盤が前傾すると腹筋が伸びきってしまい、


働かなくなってしまいます。


働かなくなった腹筋の分も腰の筋肉が頑張って働きます。


そして腰の筋肉が働きすぎることで腰痛が発生します。




少し話が変わりますが


気になっている人が多い「ポッコリお腹」。


働かなくなった腹筋がたるんでしまい


内臓を支えきれなくなり


下腹がポッコリしてしまうのです。


今は腰に痛みが無いけど下腹ぽっこりが気になる方。


そのうち腰痛に悩まされる可能性は非常に高いです。


お気を付けください。



どうすれば解決できるのか?


腹筋を鍛える!だけでは少し足りません。


これはまたの機会にお話ししたいと思います。


ご心配な方は、ぜひ当院にご相談ください。




#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 





記事URL

2018年10月22日 月曜日

悪い姿勢シリーズ(1)【肩こりが起こる姿勢】

肩こりを起こす姿勢といえば、やはり【猫背】です。


猫背が肩こりを引き起こすメカニズムについてお話ししていきたいと思います。


猫背が肩こりを引き起こすのは、「背中が丸くなるから」です。


背中が丸くなることで問題になるのが、


「肩甲骨の位置」です。


背中が丸くなると、肩甲骨は、正しい位置よりも広がり、


前外方に移動します。


すると、首の骨から肩甲骨に向かってついている僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉が


肩甲骨に引っ張られて、何もしていないのに、初めからパンパンに張った状態になります。




この状態だけでも、美容室やマッサージ屋さんでは


「かたいですね~。」と言われます。





さらに、猫背になると、「頭部前方変位」といって


頭が前に出ます。


頭の重さは、おおよそですが、体重の8%くらいといわれています。


例えば、体重が50kgの人だと、


50kg × 0.08 = 4kg


で、頭の重さはだいたい4kgです。


さらに、頭が正しい位置よりも、3cm前に出ると、肩や首にかかる負荷は2倍、


6cm前に出ると、なんと、4倍になるんです!


なので、体重50kgの人の頭が6cm前に出ている猫背の場合は、


50kg × 0.08 × 4 =16kg


となり、16kgもの重さを首や肩で支えていることになります。


ちなみに、この数字は、男性でガタイが良い人だと跳ね上がります。


80kg の人の場合、公式に当てはめると、


その重さは、25.6kgです。


実際のところは、体重が重くなるほど、計算通りにはなりませんので、


あくまで目安としてお考え下さい。




ここまでの内容として、大きく、二つの要素が挙げられています。


猫背になることで


①肩甲骨が広がる、②頭が前に出る、


主にこの二つの要因によって


首や肩い大きな負担がかかって、肩こりを引き起こします。




お分かりいただけましたか?


文章力の問題でイマイチ分かりづらいところもあったと思いますが、


その時は、質問もぜひお寄せください!




腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 #久留米市 #整体

記事URL

2018年10月14日 日曜日

温かいものが恋しくなりました。

【季節の変わり目の不調】
朝倉では、ここ数日でグンと気温が下がりました。
こういう時期は何かしら体の調子がおかしく感じます。腰や肩、背中の痛みは代表的なものです。
ですが、本来なら気候の変化があっても不調なんか感じないのが普通です。
隠れた不調が顔を出すのがこの時期です。
しばらくすれば落ち着くから、と放置していると取り返しのつかないことになることだってあります。
何かおかしいな、と思ったら甘く見ないで検査だけでも受けてみてください。ご自分でも気づいていない問題が見つかるかもしれません。

はんだ整骨院・姿勢整体院
http://www.handa-s.com/
http://www.handa-s.jp/
https://sports-medicine-clinic-170.business.site
#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 #久留米市 #整体

pic20181014073811_1.jpg

記事URL

2018年10月11日 木曜日

【こんな症状もでます】

姿勢が歪むと自律神経に影響が出ることで、消化器の働きを阻害します。
消化不良や腹痛、便秘や下痢といった症状が出ることがあります。
日頃から胃の痛みや不快感、便秘などが慢性化してしまっている方は、ぜひ当院にご相談下さい。

はんだ整骨院・姿勢整体院
http://www.handa-s.com/
http://www.handa-s.jp/
https://sports-medicine-clinic-170.business.site
#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 #久留米市 #整体

記事URL

2018年10月 9日 火曜日

スポーツと反り腰

【反り腰(そりごし)の影響】
昨日は子供の保育園の運動会に行ってきました。
小さいうちは、筋肉の発達がまだまだ未熟で、骨盤を支えきれずに、骨盤が前に倒れて「反り腰」になってしまうことが多くあります。
小学校低学年くらいまでは、痛みが出ることはあまりありませんが、影響が出やすいのは、運動をする時です。
それは「足が前に出にくくなる」ということです。
骨盤が10度前に傾くことで、股関節を動かせる範囲が10度減るということになります。つまり、太ももが上がりにくくなります。当然、歩幅が小さくなります。
「走る」要素があるスポーツにおいて、「足が前に出ない」ということは致命的です。

思うようにスポーツの成績が出なかったり、タイムが縮まないと感じた時は、「反り腰」じゃないかをチェックしてみるといいかもしれません。
判断が難しい時は、当院にご相談下さい。

はんだ整骨院・姿勢整体院
http://www.handa-s.com/
http://www.handa-s.jp/
https://sports-medicine-clinic-170.business.site
#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 #久留米市 #整体


pic20181009085228_1.jpg

記事URL

2018年10月 5日 金曜日

施術の感想をいただきました。

受験生の患者様から施術の感想をいただきました。
腰の痛みを訴えて、以前通院していただいていた患者様からのご紹介で来院されました。
実際にお話を伺い、検査してみると、頭痛、生理痛、耳鳴り、便秘などの症状もあることがわかりました。
腰痛はツライと思うけど、痛みだけを消すことで、後々よりひどい状態になってしまうこと。
腰痛は、今体に起きている異常を知らせるサインであることなどをお話しし、4ヶ月の通院にご同意いただきました。
通院を終えて、腰痛はもちろん、頭痛などの症状も全て無くなり、受験に向けて万全の態勢が整いました!

はんだ整骨院・姿勢整体院
http://www.handa-s.com/
http://www.handa-s.jp/
https://sports-medicine-clinic-170.business.site
#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #便秘 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 #久留米市 #整骨院 #整体

記事URL

2018年10月 2日 火曜日

「梨状筋症候群」って知ってますか?

おはようございます!

皆さん、「梨状筋症候群」ってご存知ですか?

ちなみに「りじょうきんしょうこうぐん」と読みます。

昨日、新規の患者様で、たまたま梨状筋症候群と思われる(我々は病名の診断はできないことになってますので...)症状でお悩みの患者様が続いたので、ちょっと書いてみようと思います。

とあるサイトによると梨状筋症候群とは、

【梨状筋はお尻の深い所にある筋肉で、その下を坐骨神経が通っています。その梨状筋が硬くなってしまったり緊張してしまうことで坐骨神経を圧迫し、症状を引き起こす病態を「梨状筋症候群」と呼び、坐骨神経痛を引き起こす原因のひとつとして知られています。】

となっています。画像を見ながら読んでいただくとわかりやすいかと思います。

腰痛を我慢して我慢して無理している方に発生することが多いようです。

どのような治療を行うかというと

多くの場合は「痛み止めで様子を見る」です。

あるいは、梨状筋をマッサージして緩めて坐骨神経に対する圧迫を取り除きます。

ここまでで終わることがほとんどです。


しかし、なぜ、梨状筋が硬くなってしまうのかを考えないといけません。

実は、これは「姿勢の歪み」のせいです。

姿勢が歪むことで、正常な状態とは比べものにならないくらいの負荷が梨状筋にかかります。

つまり、根本的に解決するには「姿勢の歪み」を改善しないと何度でも症状は繰り返します。

順番に原因を探っていけば当然のことなんですが、ほとんどの病院や治療院では、症状を一時的に抑えることほとんどです。

当院では、お困りの症状に対して根本的な原因を探し出してアプローチします。



pic20181002095346_1.jpg

pic20181002095346_2.jpg

姿勢 産後 生理痛 不妊 O脚 X脚 猫背 矯正 腰痛 肩こり 頭痛 片頭痛 長年の痛み 福岡県 朝倉 はんだ整骨院 姿勢整体院


記事URL

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28