院長ブログ

2018年12月22日 土曜日

年末年始は飲み過ぎに注意!(1)

こんにちは。
はんだ整骨院・姿勢整体院の半田です。

今年も残すところ10日ほどとなりました。

年末から忘年会でお酒を飲む機会が非常に多くなっていると思います。
そしてそれは、年始まで続きます。

ということで、アルコールが体に与える影響を書きたいと思います。

今回は「メリット」を。


【適量のお酒は体に良いことを示す「Jカーブ」】
"適量のお酒は体によい"ことを示すのが「Jカーブ」という考え方。
これは、1981年にイギリスのマーモット博士が発表した「飲酒と死亡率のJカーブ効果」という疫学調査によるものです。

調査結果によると、毎日適量飲酒する人は、全く飲まない人や時々飲む人に比べて、
心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあるそうです。

ただし、毎日大量飲酒する人やアルコール依存症患者では、冠動脈疾患による死亡率が極端に高くなっています。
この数値をグラフに表すと"J"の字になるため、一般的にこれを「J カーブ効果」と呼んでいます。

ただし、これはその人のアルコールに対する耐性や、
年齢、健康状態によっても異なるので、
お酒を飲めば必ず死亡率が下がるわけではありません。
それぞれの人に合った飲酒の仕方を心がけるべきです。
また、Jカーブ効果があるからといって、お酒を飲まない人にまで、
お酒を飲むことを推奨すべきものではないので注意しましょう。


【お酒が持つ「リラックス効果」】
お酒を飲むと気分がよくなるのは、アルコールが「理性の座」ともいわれる大脳新皮質の働きを鈍くするからです。

それによって、感情や衝動、食欲、性欲などの本能的な部分を司る大脳の古い皮質(旧皮質や辺縁系)の働きが活発になり、精神が高揚し、元気も出てきます。
また、ワインやウイスキーなどの香りにはリラックス効果が、
ビールの原料・ホップの香りには気分を落ち着かせるなどのアロマ効果があります。

ストレスを解消するためには、自分のペースでゆっくりとお酒を楽しむことが一番です。

次回は、お酒の「デメリット」について書きたいと思います。


#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #産後矯正 #産後 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉 #朝倉市 #うきは市 #うきは #吉井 #田主丸 #甘木 #杷木 #整骨院 #整体院 #整体 #交通事故 #むち打ち


カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31