院長ブログ

2018年11月27日 火曜日

正しい姿勢のために普段から気を付けること①【座り方】

これから、数回にわたって、
姿勢を歪ませないために
普段の生活で気を付けるべきことを
書いていきたいと思います。

ですが、実際には
どんな行動をするときも基本は同じなので
同じことを繰り返すことになると思いますが
「繰り返して言われること」=「大事なこと」
だと思って読んでいただければ幸いです。

では、今回は「座り方」について考えていきましょう。



特に椅子に座るときのお話し。
気を付けないといけないのは、
骨盤と背中です。

骨盤は座ったときに後ろに倒れることが多いです。
骨盤が後ろに倒れることで
背骨の湾曲も強くなり背中が丸まってしまいます。

では、どうすればいいのか。
骨盤が倒れるのは、
周りに引っ張られたり
体幹の筋肉(腹筋群)がさぼってしまうからです。

座るときには
まずは、「深く座る」ということです。
浅く座ることで背もたれからの
距離が遠い状態で
背もたれを使おうとするので
自然と背中が丸くなって
骨盤が後ろに引っ張られて倒れます。


次に、「お腹を締める」。
意識してお腹に力を入れてください。
もちろん、深く腰掛けた状態です。
腹筋をしっかり使うことで
骨盤が安定します。
これにより、背中も丸まりにくくなります。

そして、背筋を伸ばす!
ではなく、
「顎を引く!」です。

背筋を伸ばすというと、
背中を伸ばそうとしてしまいます。
これだと、背骨がまっすぐになり過ぎてしまうんです。

背中の自然なカーブを維持しながら
姿勢を正しくしようとするなら、
頭を少し後ろに引いて
顎を引いてください。
こうすることで、
自然と背中も伸び、
座った状態で起こりやすい歪みを
予防することができます

今日のポイントは二つです。
① 椅子に深く座る
② お腹に力を入れて
③ 顎を引く

座った状態での作業や勉強中には
ぜひ意識してみてください。



#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 #整骨院 #整体院

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28