院長ブログ

2018年11月 5日 月曜日

神経

当院は、腰痛や首・肩の不調に対して施術をしていく際に


「姿勢」を最重要視しています。


姿勢が悪くなることで、最も大きな影響を受けるのは、実は


「神経」です。


今回は、その神経について少しお話していきます。


まず、神経は以下の三つに分けられます。

①運動神経・・・筋肉に分布し、その動きを支配しています。

②自律神経・・・例えば、心臓や消化器のように自分の意思でコントロールできない部分を支配するの神経です。
        交換神経と副交感神経に分かれます。

③感覚神経・・・温度や痛み、しびれなどを感じとる神経です。


神経全体に占める割合は、

運動神経・・・40%

自律神経・・・40%

感覚神経・・・20%

となっており、これらは束になって全身に分布しています。





「腰が痛い!」「肩が痛い!」と感じた時、


当然、感覚神経が障害を受けています。


全体の20%しかない感覚神経が障害されているのですから、


残りの80%もある運動神経と自律神経に


影響がないわけがないんです。


例えば、

運動神経だと

・腕や足に力が入りにくくなる

・関節の動きが悪くなる   など


自律神経だと

・血圧の異常
・低体温→免疫力の低下→病気になりやすくなる
・頭痛
・消化不良
・便秘
・下痢
・生殖機能の異常→(女性の場合)生理痛→不妊

※「不妊症」については、女性側に問題があることが多いと思われる方が
 多いかもしれませんが、その原因は男女ともにほぼ50:50と言われてい
 ます。姿勢が歪むことで自律神経が障害されて、生殖機能が正常に働か
 ない事が不妊症の原因と考えれば納得いく数字です。男性の場合は、生
 殖異能に異常があっても自覚症状が全くありません。主に精子を作る機
 能に問題が発生するのですが、これは、実際に精子を採取して検査をし
 ないと知ることは不可能です。一方女性の場合は、生理痛や生理不順な
 ど、自覚できる症状が出るため、余計に女性側に責任があるように考え
 られがちです。詳しくはいずれ書かせていただきます。


上記のように、関係ないと思っている不調が、実は腰痛や肩こりと


同じ原因だということが多くの場合で当てはまります。


姿勢が歪むということは、背骨が歪むということ。


背骨が歪むということは神経の通り道が歪むということです。


もし、あなたに、気になる不調があって、病院では、

・原因がわからない時

・特に異常はないと言われた時

・年のせいといわれた時


もしかしたら、姿勢が歪んで神経に障害が起きているのかもしれません。


あまり伝わらなかったかもしれませんが、


今回一番言いたかったことは


『「痛い」と思った時には、自覚は無くても、何かしらの症状が体に起きているはず!』


ということです。


「痛み」は体の異常を知らせる「サイン」です。


痛みがあることが問題なのではなく、


痛みが起きるような状態であることが問題なんです!


結局いつもと同じようなことを言っていますが、


それだけ「治療」をしていく上では大事なことなんです。


また今後も同じことを言ってしまうと思いますが


温かい目で見守って頂けると幸いです(;^ω^)




#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市




カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30