院長ブログ

2018年11月28日 水曜日

正しい姿勢のために普段から気を付けるこ(2)【立ち方】


前回から
「正しい姿勢のために普段から気を付けること」
について書かせていただいています。

こうやって改めて書いていると
自分でも改めて気づくことなどがあって
楽しいですね。

少しでもお役に立つ情報を提供できるように
頑張ります。

では、今回は「立ち方」です。

立った時の歪みを見極める基準としては、
【正面】
左右のうちくるぶしを線で結んで、
その線のちょうど真ん中から垂直に線を引きます。
その線の上に、おへそ、鼻、眉間などが
しっかり乗っていればオッケーです。

【側面】
外くるぶしを基準にします。
その上は、膝のお皿のちょっと後ろ辺り、
脚の付け根の骨のグリグリが触れるところ、
肩、そして耳の穴が
くるぶしを基準に床と垂直に伸びた線の上に
乗っていること。
加えて
骨盤の前側のグリグリと後ろ側のグリグリを結んだ線の
傾きが水平から前傾10度までの間に収まっている事。
(図)

ただ、日常生活で直立不動で立っている事はあまりありませんし、
こんなんじゃ仕事になりません。
あくまで歪みを見るための目安です。

では、どういうことを意識しながら
動けばいいのか?

一つ目は、「顎を引く」ということです。
この場合、ただ顎を引くと下を向いた状態になるだけなので
先にちょっと頭を後ろに引いて顎を引きましょう。

背中が丸くなると、
まっすぐ前を向くために、
自然と顎が前に突き出てしまいます。

突き出た状態が染みついてしまうことで
突き出た状態がクセになり
背中が伸びなくなります。
ます、このクセを修正しましょう。



次に、「お腹をへこませる」です。
立っているときにやりがちなのは、
「腰を前に突き出して」立つことです。

これは、腹筋を使っていないために、
骨盤が前に倒れてしまっているからです。
前に倒れて突き出た骨盤に引っ張られて
下半身が前に倒れる
腰が反る
背中が丸まる
という悪い姿勢を助長します。

これらは、腹筋をしっかり使うことができれば
かなり抑えられます。

腹筋の2か所に力を入れましょう。
みぞおちのすぐ下と
おへその下の下腹部
この2か所をへこませるようにして
力を入れてください。



そうすることで自然と骨盤が起きてくるのが
お分かりいただけると思います。

長時間続けることは
はっきり言って無理なので、

思い出したらやれるだけやる、
ということを繰り返していれば
いつの間にか体になじんできます。

立った状態で気を付けることは
・顎を引く
・お腹をへこませておく
の二つです。

立ち仕事の方、家事で忙しいお母さん方、
ぜひ続けてみてください!





#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 #整骨院 #整体院


カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31