院長ブログ

2018年10月23日 火曜日

悪い姿勢シリーズ(2)【腰痛が起こる姿勢】

腰痛は多くの日本人を悩ませる疾病です。


腰痛を引き起こす姿勢は


「反り腰」


です。


猫背ほどなじみはないかもしれませんが、


腰痛を訴えて来院される方には例外なく見られます。


まず「反り腰とは?」ということですが、


どんな状態かというと


読んで字のごとく、「腰が反っている状態」です。


なぜ、腰が反るのかというと、


猫背で背中が丸くなることで


背骨のカーブが強くなり前後のバランスを取るために腰が前に出ます。


骨盤は前傾してしまい、反り腰が完成します。



反り腰は女性の場合、一見すると「セクシー」に見えなくもありませんが、


実は不調の素でしかありません。


腰が前に出て、骨盤が前傾すると腹筋が伸びきってしまい、


働かなくなってしまいます。


働かなくなった腹筋の分も腰の筋肉が頑張って働きます。


そして腰の筋肉が働きすぎることで腰痛が発生します。




少し話が変わりますが


気になっている人が多い「ポッコリお腹」。


働かなくなった腹筋がたるんでしまい


内臓を支えきれなくなり


下腹がポッコリしてしまうのです。


今は腰に痛みが無いけど下腹ぽっこりが気になる方。


そのうち腰痛に悩まされる可能性は非常に高いです。


お気を付けください。



どうすれば解決できるのか?


腹筋を鍛える!だけでは少し足りません。


これはまたの機会にお話ししたいと思います。


ご心配な方は、ぜひ当院にご相談ください。




#腰痛 #肩こり #頭痛 #生理痛 #坐骨神経痛 #本当に治したい #姿勢 #矯正 #骨盤 #姿勢の歪み #治療 #福岡県 #朝倉市 #うきは市 







カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30