院長ブログ

2018年10月 2日 火曜日

「梨状筋症候群」って知ってますか?

おはようございます!

皆さん、「梨状筋症候群」ってご存知ですか?

ちなみに「りじょうきんしょうこうぐん」と読みます。

昨日、新規の患者様で、たまたま梨状筋症候群と思われる(我々は病名の診断はできないことになってますので...)症状でお悩みの患者様が続いたので、ちょっと書いてみようと思います。

とあるサイトによると梨状筋症候群とは、

【梨状筋はお尻の深い所にある筋肉で、その下を坐骨神経が通っています。その梨状筋が硬くなってしまったり緊張してしまうことで坐骨神経を圧迫し、症状を引き起こす病態を「梨状筋症候群」と呼び、坐骨神経痛を引き起こす原因のひとつとして知られています。】

となっています。画像を見ながら読んでいただくとわかりやすいかと思います。

腰痛を我慢して我慢して無理している方に発生することが多いようです。

どのような治療を行うかというと

多くの場合は「痛み止めで様子を見る」です。

あるいは、梨状筋をマッサージして緩めて坐骨神経に対する圧迫を取り除きます。

ここまでで終わることがほとんどです。


しかし、なぜ、梨状筋が硬くなってしまうのかを考えないといけません。

実は、これは「姿勢の歪み」のせいです。

姿勢が歪むことで、正常な状態とは比べものにならないくらいの負荷が梨状筋にかかります。

つまり、根本的に解決するには「姿勢の歪み」を改善しないと何度でも症状は繰り返します。

順番に原因を探っていけば当然のことなんですが、ほとんどの病院や治療院では、症状を一時的に抑えることほとんどです。

当院では、お困りの症状に対して根本的な原因を探し出してアプローチします。



pic20181002095346_1.jpg

pic20181002095346_2.jpg

姿勢 産後 生理痛 不妊 O脚 X脚 猫背 矯正 腰痛 肩こり 頭痛 片頭痛 長年の痛み 福岡県 朝倉 はんだ整骨院 姿勢整体院




カレンダー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30