院長ブログ

2012年6月16日 土曜日

セカンドオピニオン

朝倉市、筑前町、うきは市、久留米市、日田市で怪我の治療、
交通事故のむち打ち治療は、はんだ整骨院へ!





ようやく梅雨らしくなってきました!


朝倉市は農業に携わっている方が多い町なので


恵みの雨といったところですね(*´∀`*)




さて、昨日来院された患者さん。


約1か月前に自宅の畑で転倒した際に、


地面に手をついて左の前腕の骨が折れてしまったそうです。


日曜だったこともあり、救急病院で整復などの応急処置を受けて


先日まで自宅近くの病院で治療を受けていたそうです。


ところが、話を聞いていると、ちょっとびっくりするような処置((((;゚Д゚))))


詳しくは省略しますが、


いつまた骨がずれてしまってもおかしくない状態:(;゙゚'ω゚'):


幸い、今回は再転位もなく、骨はくっついたみたいですが


ちゃんと管理されていれば、起こらなかったはずの関節の拘縮まで残ってしまってます(~_~;)


当院でしっかり拘縮、痛みの治療をやっていきます、


とお話してご納得いただきました('∀`)
(もちろん、骨折は受傷直後でも整骨院で治療できます!最初のレントゲン検査必要ですが。)



今回の場合、


患者さん自身も治療内容に疑問を持たれていたみたいなんですが、


治療を受けた医院がかかりつけで


気を遣って、その疑問をぶつけられなかったみたいです(+o+)


現在、医療の世界では「セカンドオピニオン」という言葉をよく耳にします。


直訳すると「二つ目の意見」となります。


これは、最初に診てもらった医療機関で即治療ではなく、


幾つかの医療機関で


「自分が納得するまで」診察・検査してもらい


病状や治療方針について説明をうけ、


自分で十分に納得した上で


治療を受ける医療機関を選択する、という流れのことを言います。




特に地方では医療機関が少なかったり


「いつもお世話になっている先生だから


他の先生に診て貰うなんでできない」


ということが多々あります。


でも自分が納得いっていない状態で治療を受け


なかなか治療の成果が出ない場合、


一番後悔するのは患者さん自身です。


それなら自分で選んだ治療方針で治療したほうが


後悔も少ないですよね。


もちろん、お医者さんや我々柔道整復師は


患者さんのために最善と思われる治療法で


全力で皆さんの治療に取り組んでいます。


ですから、なおさら患者さんに納得して頂いた上で治療したいのです。


治療家の一方的なエゴで行われる治療ではなく


治療家と患者さんが一緒に治療に取り組んでいけるような流れを作っていきたいですね(*´∀`*)




朝倉市、筑前町、うきは市、久留米市、日田市で怪我の治療、
交通事故のむち打ち治療は、はんだ整骨院へ!


カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31