院長ブログ

2012年2月 7日 火曜日

むち打ち損傷の分類④ 脊髄症状型

朝倉市、筑前町、うきは市、久留米市の交通事故治療は、はんだ整骨院へ!



こんにちは!


今日はブログの更新が遅くなってしましました(-_-;)




さて、今日は、むち打ち症の分類の④。「脊髄症状型」です。


これは、いわゆる「脊損」と言われるもので、重大な後遺症を残します。


頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されたりしたものです。


損傷したレベルよりしたの昨日は基本的に麻痺します。


運動障害、知覚障害、膀胱直腸障害などが生じます。


ただし、最近ではむち打ち症状の分類に含まれなくなってきています。



このように、交通事故は重大な結果を招くことになりかねません。


無謀な運転をしたり、脇見運転したりなど、


自ら事故を起こす危険性を増すことはやめましょう!




朝倉市、筑前町、うきは市、久留米市の交通事故治療は、はんだ整骨院へ!

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31