院長ブログ

2012年1月31日 火曜日

インフォームド・コンセント(説明と同意)

朝倉市、筑前町、うきは市、久留米市でケガをしたら、はんだ整骨院へ




おはようございます!


朝倉市は今日もいい天気になりそうです(-^〇^-)


先週の予報では雪って言ってたんですが(~_~;)


まぁ、降らなくてよかったです!




昨日、当院に来院された患者さん。


お婆ちゃんなんですが、


手首辺りを痛めたを言うことで来院されました。


Aさんとしましょう。


お話を聞いてみると


ご主人を介護している最中にちょっとした口論になり、


ご主人の手がAさんの手首付近に当たったようで


なかなか痛みが引かないとのこと。


つまり打撲ですね。


まぁ、もう少し複雑な状態なんで、


通常の打撲とはちょっと違いますが、受傷機序により


打撲だと考えます。


実は、受傷したのは2週間前で、


自宅近くにある整骨院を受診したとのこと。


しかし2回くらいしか通わなかったそうです。


Aさんが言うには、


①「治療に通っったけど、全然痛みが引かない!」


とのこと。また、先生には


②「筋(スジ)がはらかいちょるんですよ。」


と言われたそうです。


まず①。


最初の整骨院の先生の名誉のために言わせていただくと、


たった2回の通院(その間3日)で痛みがなくなるとは考えられません(+o+)


こう言ってしまうと、Aさんが焦ってしまっているように見えますが、


決してそうではなく、やはり、先生の責任でしょう。


おそらく、説明が足りなかったんじゃないかと思います。


患者さんのケガの状態を正しく把握し、説明するということは


我々、柔道整復師の重要な仕事です。


Aさんがすぐに治ると思っていたのは、治療に当たる人間の責任です。




次に②。


読んで頂ければ解ると思いますが、


方言です(笑)


我々の地域で、よくおじいちゃん・おばあちゃんが使います。


「はらかく」というのは、「怒る」の意味です。


「筋(スジ)がはらかく」というのは、


僕もはっきり説明できないんですが、


筋肉や腱を痛めたり、腫れたりしてることを言うようです。


なんとなく雰囲気は伝わると思います。


ただ、私個人の見解ですが、


患者さんに説明するときに


こういう曖昧な方言を用いるには、抵抗を感じます。


なんだか煙に巻いているようでしっくりきません。






検査をした結果から、、


何が原因で、どういう状況になっていて、どういう治療が必要なのかをきっちり説明し、


患者さんの社会的立場や状況を考えて、


治療法を選択していかなければなりません。


そうでなければ、患者さんも気持ちよく治療に通えません。


今回、Aさんが通院先を変えてしまったのも


ここに原因があると考えられます。


さらに言うなら、これは我々柔道整復師自身のタメでもあります。




現在、医療機関では、インフォームド・コンセント(説明と同意)の重要性が叫ばれています。


我々、医療に携わる者が、細かいところまできちんと説明し、


患者さん自身が、病状についてちゃんと理解した上で治療法を選択します。


これは患者さんの「権利」です。


納得できなければ、「セカンドオピニオン」を求めて、違う医療機関を受診する。


1軒目のお医者さんにこう言われたから、そうしなければいけない、という時代ではなくなってきています。


皆さんも自分が納得できる治療をしてくれる先生を探してみてください('∀`)




朝倉市、筑前町、うきは市、久留米市でケガをしたら、はんだ整骨院へ


カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30