HOME > 交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療のイメージ

交通事故に遭ってしまったら

まずは必ず警察を呼び届出を出しましょう。
現場を離れたり、当人同士だけで話を終わらせないようにしましょう。ご自分が加入されている保険会社の担当者にも連絡しましょう(明らかに相手の過失であっても!)。きっと力になってくれます。
※自賠責保険、任意保険どちらにも必要な事故証明の発行を申請します。(事前に当院にご連絡いただければアドバイスさせていただきます。)
他にも以下の情報を控えておくと、スムーズです。
・相手方の氏名、住所と連絡先
・車の登録ナンバー
・任意保険の有無と保険会社名および担当者
・自賠責証明書番号等
上記は、あくまで手続き上のことですが、一番大事なのは、もちろんご自身の体なので、最初に信頼のおける医療機関でCTやMRIなどを用いた精密検査を受け、整骨院の業務範囲外の傷病がないか確認してください。その後、診断書を書いてもらい担当の警察署に提出してください。

交通事故の症状

交通事故の症状のイメージ
むち打ち症

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

むち打ち症について

むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛み、吐き気、頭痛などのハッキリしない症状などが現れます。

むち打ち症の原因

車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードなどのスポーツによっても起きます。

利用できる自動車保険について

交通事故では、その状況によって利用できる保険の種類が異なります。

例えば、相手がいる場合に使えるものと、自損事故の場合に利用される保険は異なります。

こういう場合は自動車保険を使って施術を受けることがができるのか、などのご相談もお受

けしますので、ご不安な場合には一度ご連絡ください。



例えば、こんな時

 ・自損事故

 ・自動車のドアで指を挟んだ

 ・過失が大きい方の車に同乗していてケガをした

  など